HSコンサルティング行政書士事務所業務別ブログ

古物商許可を取得するときの3つのハードルとは?

当事務所には、個人名義で既に古物商許可を取得した人が、事業を拡大するために会社を設立し、法人名義で古物商許可を取り直す人のご依頼がそこそこあります(個人名義で取得した許可は、そのまま会社(法人)に引き継ぐことができず、法人名義で許可を取り直…

詳細を見る

古物商許可取得までどれくらいの期間が必要ですか?という質問には、実は困っているのです。

この質問の回答に困るわけ お客様がよくしてこられる質問の中で、なかには回答しづらいものもあります。それが「古物商許可を取得するまでどれくらいの期間が掛かりますか?」という質問です。お客様がこのことを知りたい気持ちはよく理解はしているのです…

詳細を見る

古物商許可をスムーズに取得するために事前に確認すべき5つの事項

事前に確認すべき5つの事項 古物商許可は、営業許可の中でも比較的手続きが簡単な部類に入ると思います。それでも事前に確認すべきことを怠ると、古物商許可をスムーズに取得することが出来ません。一般の方が古物商許可の申請手続きをした時に何度も警察…

詳細を見る

せどりをやるには古物商許可は必要なのか?

せどりをやっている方は注意! せどりをやっている方の中には、ブックオフやヤフオクなどの有名なところからだけ古物を仕入れされている方も多いかもしれません。しかしながら、この行為を古物商許可を取得せずにやっておられるとしたら、すぐに古物商許可…

詳細を見る

古物商許可と会社の事業目的

定款の事業目的に古物営業に関する記載がない場合 「先生。事業目的はこのままでも大丈夫でしょうか?」 以前、お客様から当事務所に電話があり、こんな不安を口にされました。 このお客様は、当事務所に古物商許可申請書の…

詳細を見る

古物営業の「品触れ」とは?

品触れとは? 古物営業には、一般の方があまり聞きなれない「品触れ」という言葉があります。 この「品触れ」の意味ですが、 『警察が古物商や質屋に渡す紛失品や盗品の特徴などを書いたリストのこと』 です。 このリストを古物商や質屋に渡す…

詳細を見る

古物商許可を取れない人(欠格事由)

古物商許可を取れない人は? 古物の営業は、古物商許可を取得しなければ始めることができません。しかしながら、この古物商許可を取得しようと思っても取得できない場合があります。 古物営業法第四条には許可の人的な基準(「欠格事由」と言います…

詳細を見る

古物の「営業所の管理者」となるための条件

営業所の管理者に相応しくない者とは? 古物営業法第四条第七号には、「営業所又は古物市場ごとに第十三条第一項の管理者を選任すると認められないことについて相当な理由がある者」と規定されております。 これは、古物商許可が単に自分自身に取得…

詳細を見る

未成年者でも古物商許可が取れるのか?

未成年でも古物商許可が取得できる場合 通常、未成年者は古物商許可を取得することができません。但し、未成年者であっても、古物商許可を取得できる場合があります。 古物営業法第四条の第五号に規定されている『営業に関し成年者と同一の行為能力…

詳細を見る

古物商許可の取消処分を受けた者が新たに許可を取得するには?

取消処分を受けた者に関する古物営業法の条文 古物営業法第4条第4号、第5号の条文 古物営業法で、許可を与えてはならない人としての「許可の基準」が第四条に記載されておりますが、 その第四号に「第二十四条の規定によりその古物営業の許可…

詳細を見る
tomainsite2