HSコンサルティング行政書士事務所業務別ブログ

古物商許可の取消処分を受けた者が新たに許可を取得するには?

取消処分を受けた者に関する古物営業法の条文 古物営業法第4条第4号、第5号の条文 古物営業法で、許可を与えてはならない人としての「許可の基準」が第四条に記載されておりますが、 その第四号に「第二十四条の規定によりその古物営業の許可…

詳細を見る

古物商許可が取得できない「住居の定まらない者」とは、具体的にどのような状態の者のこと?

「住居の定まらない者」の判断の基準 古物営業法で、許可を与えてはならない人としての「許可の基準」が第四条に記載されておりますが、その第三号には「住居の定まらない者」が挙げられています。 この「住居の定まらない」というのが具体的にどういう…

詳細を見る

禁固以上の刑と特定の犯罪による罰金刑になった人が古物商許可を取得できない期間

古物商許可取得の条件「古物営業法第4条第2号」の内容説明 古物営業法で、許可を与えてはならない人としての「許可の基準」が第四条に記載されておりますが、その第二号に「禁錮以上の刑に処せられ、又は第三十一条に規定する罪若しくは刑法 (明治四十…

詳細を見る

「成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの」とは

成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの 古物営業法で、許可を与えてはならない人としての「許可の基準」が第四条に記載されておりますが、その第一号に、この「成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの」が挙げられ…

詳細を見る

古物商に課せられる防犯三大義務とは?

盗品の流通を防止するための三大義務 古物商許可を取得した業者には、許可を与えてもらった代わりに様々な義務が生じますが、「盗品の流通を防止する」という観点からの義務として、3つの重大な義務があります。それが、以下の防犯3大義務です。 …

詳細を見る

古物商が古物台帳に記録しなければならない内容

古物台帳への記録について 古物営業法では、盗品の流通を防止するために、買い取りを行った日付や商品の内容(特徴)などを記録して、それを3年間保存することが義務付けられています. その記録すべき内容などは、以下のようになります。 記録…

詳細を見る

古物の買取をするときの本人確認の方法

買取の際の本人確認の方法 古物商は、盗品の流通を防止するという観点から、古物を買取するときには本人確認をしなければなりません。 さて、その本人確認の方法ですが、対面と非対面ではやり方が違い、以下のようになります。 対面による方法 …

詳細を見る

古物営業の会社の社員として働いていた人が、その会社を辞めるときに注意すること。

リサイクルショップなどの店長経験者は特に注意! 中古自動車販売やリサイクルショップや金券ショップなどの古物営業を営む会社で働いていた方、特に、店長などの営業所の責任者を任された経験がある人は、その会社を辞めるときには必ず確認してもらいたい…

詳細を見る

不用品回収サービスは、古物商許可が必要か?

不用品回収サービスは、ケースにより必要な許可が変わる よく、「不用品回収サービスを業務をする場合、古物商許可が必要ですか?」という質問を受けることがあります。しかしながら、不用品回収サービス業に必要な許可というものを、ひとくくりで述べるこ…

詳細を見る

ネット上で古物の売買をするときに、“ホームページ利用取引”の届出が必要な場合とそうでない場合

古物商がホームページ等を利用してインターネット上で古物を売買するときには、“ホームページ利用取引”として、そのホームページ等のURLの届出が義務付けられています。 しかし、インターネット上で古物の売買をするときには、必ず“ホームページ…

詳細を見る
tomainsite2