古物商許可の取得は、実績多数の行政書士にお任せ下さい!

電話番号
トップページ > サービス・費用

代理申請サービスの詳細と費用Service / Price

当事務所のサービスの料金表は、許可申請書類を作成するだけではなく、警察署への許可申請書の提出代理業務も含めた金額となっております。

警察署への代理提出にこだわる理由とは?

サービスの料金表(個人名義での申請)

法人の代表者や役員が個人名義で古物商許可を取得して、法人の名前で古物営業をすることはできませんのでご注意ください! 法人の名前で古物営業をする場合は、必ず法人名義で申請して下さい。
ページトップへ戻る

サービスの料金表(法人名義での申請)

ページトップへ戻る

サービスのお申し込み特典

特典1:古物商運営ガイドブック

古物商運営ガイドブックイメージ

古物商許可の取得後にやらなければならないことや古物営業を行うにあたり守らなければならないことなど、古物営業法という法律の観点から古物商が遵守すべきことを説明する運営ガイドブックです。

B5サイズ、12ページにわたるガイドブックとなります。

     

特典2:古物台帳

古物台帳イメージ

古物営業を営む者は、古物の売買を必ず記録しなければなりません。古物の売買を記録するのが「古物台帳」になります。
古物台帳の白紙と記入見本、それと、パソコンで管理される方のためにエクセルのファイルなどもご用意しております。

お客様のご都合に合わせてご利用いただけます。

ページトップへ戻る

サービスの対応地域

一部地域を除く大阪府全域

当事務所が作成した書類に会社代表印や認印を押印していただくために、一度だけお会いさせていただく必要がございます。お会いさせていただいた後に、そのまま管轄の警察署に申請書を提出する予定ですので、お会いさせていただく場所は、基本的に管轄の警察署の最寄り駅とさせていただきますことをご了承下さいませ。但し、大阪府内でありましても、一部地域(※)においては、警察署への申請書の提出代理までを対応することができません。詳しくは、下記の「対応できない一部地域について」をご覧ください。

(※)対応できない一部地域について

営業所を置く場所が、「豊能警察署(管轄地域:豊能郡)」「黒山警察署(管轄地域:大阪狭山市、堺市東区、堺市美原区)」「関西空港警察署(管轄:関西空港内)」が管轄している場所の場合は、警察署への申請書の提出代理までの対応できません。
但し、申請書類の作成だけを当事務所が実施し、作成した申請書の警察署の提出をお客様のほうでやっていただける場合は、対応が可能でございます。
この場合は、当事務所が警察署に申請書を提出しにいく手間と時間を削減することができますので、基本料から13,000円引いた価格で対応をさせていただきます。つまり、個人名義での申請の場合の基本料は26,800円ですので、そこから13,000円引きの13,800円で対応させていただきます。但し、営業所や役員の追加が発生する場合やオプションサービス(証明書類の代理取得)をご依頼をされた場合は、追加費用が発生します。上記の「サービスの料金表」をご確認ください。

ページトップへ戻る

お客様とのお約束

お約束1

このページの「サービスの料金表」に記載されている費用以外は一切いただきません。事務所によっては、ホームページ上に記載されている料金以外にも、交通費や郵送料や日当などを別途請求するところもございますのでご注意願います。

お約束2

許可申請の手続きにおいてお客様が警察署に行くのは、許可が下りてから許可証を受け取りに行くときの1度だけです。警察署の担当官との対応による手間や時間やストレスを最大限削減するサービスを提供させていただきます。

お約束3

当事務所の申請で許可が下りなかったことは1度もありませんが、もし万が一、当事務所の不手際で許可が下りなかった場合は、当事務所にお支払いいただいた報酬代金だけでなく、警察署に支払う審査手数料19,000円も含めて全額返金させていただきます(他の事務所で「全額返金」となっていても、事務所に支払った報酬代金しか返金してくれない場合があります。警察署に支払う審査手数料19,000円は返金してくれない場合もありますのでご注意願います。尚、不許可になったても、警察署からお客様に審査手数料を返金してくれることはありません。許可するかしないかを審査するための手数料だからです)。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 古物商許可.com All Rights Reserved.