古物商許可の取得は、実績多数の行政書士にお任せ下さい!

電話番号
トップページ > ご依頼の流れ

ご依頼の流れInformation

お申込みから許可取得までの手続きの流れをご案内します。

STEP1 お申込み(お客様が実施するSTEP)

電話、若しくは、お申込みフォームからお申し込みをお願いいたします。

電話:072-601-2880(営業時間:午前10時~午後6時)

申込みフォーム(24時間対応)はこちらから>>>

↓

STEP2 営業内容等のヒアリング

電話にて、お客様の古物営業の内容などを確認させていただきます。また、古物商許可を取得するのに何か問題がないかどうかの確認もこの時にさせていただきます。こちらから質問させていただきますので、それにお答えいただくだけで結構です。

【補足】STEP2を、電話ではなく『訪問』による方法を希望される場合
このSTEP2を、当事務所がお客様の会社や自宅へ『訪問』する方法をご希望される場合は、別途費用10,000円を訪問時に頂戴いたします。但し、お客様のほうから当事務所にお越しいただける場合は無料です。
↓

STEP3 業務依頼の確認

STEP2の確認で、古物商許可の許可の取得が可能だと判断できましたら、当事務所に業務を依頼されるかどうかの最終確認をさせていただきます(ご依頼の意思が確認できましたら、この時点で正式なご依頼(委任契約の締結)となり、当事務所も業務を開始することになりますので、STEP4以降にお客様のご都合のみでキャンセルされる場合は「キャンセル料」が発生する場合もありますので、十分にお考えいただいた上で依頼されるかどうかをお決めください)。

↓

STEP4 案内書面の送付

当事務所から、お客様にご用意していただく書類を案内した書面を送付します(STEP3の翌日には発送します)。この時にご請求書も同封しておきます。また、住民票等の各証明書の代理請求をご希望されるお客様には、代理請求するための委任状も一緒に送付させていただきます。

↓

STEP5 書類の返送(お客様が実施するSTEP)

STEP4の案内書面をもとにご用意いただいた書類を当事務所に返送していただきます(返信用封筒も同封しておきます)。

↓

STEP6 許可申請書類一式の作成

お客様からご返送いただいた書類が届きましたら、許可申請に必要なすべての書類を作成、準備させていただきます。

↓

STEP7 許可申請書類への押印(お客様が実施するSTEP)

お客様とお会いさせていただき、許可申請書類に会社代表印や個人の認印などを押印をしていただきます。また、お会いした時に、ご請求分の費用のお支払いをもお願いいたします。

↓

STEP8 許可申請書の提出

当事務所が、許可申請書を管轄警察署に提出しに行きます。許可申請書が受理されましたら、警察署の受付印が押印された許可申請書のコピーをお客様へ送付させていただきます。この日から約40日間が、警察署による“許可を下すかどうかを判断する”ための審査期間ということいなります。

↓

STEP9 補正の対応

提出した書類の内容や警察署担当官の質問に対する回答次第で、書類の修正や追加を要求してくることがあります。この要求に対応することを「補正の対応」といいますが、この「補正の対応」も当事務所が対応することになります。ただ、当事務所が警察署に申請書を代理提出する場合は、この「補正の対応」を要求されるようなことは、まずありませんのでご安心ください。

↓

STEP10 許可証の受け取り(お客様が実施するSTEP)

警察署の審査が終わりましたら、「許可おりました」という連絡が警察署から当事務所に入りますので、お客様にご報告させていただきます。その後、お客様に『許可証』を警察署に受け取りに行っていただくことになります。お客様が警察署へ行かなければならないのは、この1回だけです。

サービスの対応地域

一部地域を除く大阪府全域

当事務所が作成した書類に会社代表印や認印を押印していただくために、一度だけお会いさせていただく必要がございます。お会いさせていただいた後に、そのまま管轄の警察署に申請書を提出する予定ですので、お会いさせていただく場所は、基本的には管轄の警察署の最寄り駅とさせていただきますことをご了承下さいませ。但し、大阪府内でありましても、一部地域(※)においては、警察署への申請書の提出代理までを対応することができません。詳しくは、下記の「対応できない一部地域について」をご覧ください。

(※)対応できない一部地域について

営業所を置く場所が、「豊能警察署(管轄地域:豊能郡)」「黒山警察署(管轄地域:大阪狭山市、堺市東区、堺市美原区)」「関西空港警察署(管轄:関西空港内)」が管轄している場所の場合は、警察署への申請書の提出代理までの対応できません。但し、申請書類の作成だけを当事務所が実施し、作成した申請書の警察署の提出をお客様のほうでやっていただける場合は、対応が可能でございます。この場合は、当事務所が警察署に申請書を提出しにいく手間と時間を削減することができますので、基本料から13,000円引いた価格で対応をさせていただきます。つまり、個人名義での申請の場合の基本料は26,800円ですので、そこから13,000円引きの13,800円で対応させていただきます(但し、営業所の追加やオプションを依頼をされた場合は、追加費用が発生します。「サービスの料金表」をご確認ください)

     

古物商許可 お役立ち情報

ページトップへ戻る
Copyright(C) 古物商許可.com All Rights Reserved.