古物商許可の取得は、実績多数の行政書士にお任せ下さい!

電話番号
トップページ > 許可の必要性の判断

許可の必要性の判断Necessity

古物商許可の必要性の判断する目安

古物の売買に当たる行為であっても、その内容によっては古物営業に該当しない場合がありますので、古物商許可が必要な行為なのかどうかを確認しなければなりません。

古物商許可が必要な場合

  • 古物を買い取って売る。
  • 古物を買い取って修理等して売る。
  • 古物を買い取って使える部品等を売る。
  • 古物を別の物と交換する。
  • 古物を買い取ってレンタルする。
  • 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
  • 上記のことをネット上で行う。

古物商許可が必要でない場合

  • 自分の物を売る。
      →(自分で使っていた物や、使うために買ったが未使用の物のこと。) 
      →(最初から転売目的で購入した物は含まれません。)
  • 自分の物をオークションサイトに出品する。
  • 無償でもらった物を売る。
  • 相手から手数料等を取って回収した物を売る。
  • 自分が売った相手から売った物を買い戻す。
  • 自分が海外で買ってきたものを売る。
      →(他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る場合は含まれません。) 

古物商許可 お役立ち情報

ページトップへ戻る
Copyright(C) 古物商許可.com All Rights Reserved.