古物商許可の取得は、実績多数の行政書士にお任せ下さい!

電話番号
トップページ > 金属くずを扱う方

金属くずを扱う方Metal Waste

  

金属くず商許可が必要な都道府県

鉄などの金属くずを有料回収する場合には、都道府県によっては、「古物商許可」以外に「金属くず商許可」が必要となります。以下に「金属くず商許可」が必要な都道府県の一覧を挙げますが、ここに挙げている都道府県以外は、金属くずの有料回収業務をやったとしても、「古物商許可」のみで業務が出きるということになります。

北海道茨城県長野県静岡県福井県
滋賀県大阪府兵庫県奈良県和歌山県
岡山県広島県島根県山口県徳島県

※平成16年に神奈川県の金属くず回収業の条例が廃止になった経緯などがあります。各都道府県の最新の金属くずの扱いについては、必ず各自でご確認願います。

ページトップへ戻る

金属くず商許可が必要な場合

では、上記の表にある都道府県では、どのような場合に「金属くず商許可」が必要となるのでしょうか?

大阪府の金属くず営業条例には、【金属くず】は次のように定義されています。「金属類で、古物営業法第二条第一項に規定する古物に該当せず、かつ、そのものの本来の生産目的に従って、売買し、交換し、加工し、又は使用されないものをいう。」と。

これを分かりやすく説明すると、例えば中古の自転車を買い取って、それを中古自転車や中古自転車の部品として販売する場合には、上記の古物営業法の第二条第一項に規定する古物の売買になるので、これだけでは「金属くず商許可」が必要なわけではありません。しかし、この買い取った中古自転車を金属とそれ以外のものに分類して、金属部分を金属くずとして他の業者などに販売する場合は金属くず営業に該当することになるので、「金属くず商の許可」を取得しなければなりません。つまり、本来の生産目的であった自転車の用途として販売しないで金属くずとして販売していることになるので、金属くず営業に該当するということになるようです。

金属くずの例

鉄スクラップ、 アルミスクラップ、 ステンレススクラップ、 銅スクラップ、銅線、 真鍮、砲金、銅合金、 鉛、亜鉛、錫、ハンダ、ピカ線、エナメル線、雑電線、エアコン配管、赤釜給湯器、エアコンラジエーター、アルミサッシ、アルミホイール、コンプレッサー、ラジエーター、 自動車触媒 など。

ページトップへ戻る

【注意】金属くず商と金属くず行商の違い

行政書士証票イメージ

金属くずを扱う場合、もう一つ注意しなければならないことがあります。それは、金属くず営業では、「金属くず商許可」が必要な場合と、「金属くず行商届出」が必要な場合あり、それぞれが別の申請になるということです。では、その「金属くず商」と「金属くず行商」とは、どのように違うのでしょうか?

金属くず商とは?

営業所を設けて金属くずを売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換することをいう。つまり、営業所があって、お客様にその営業所に金属くずを持ち込んで貰い売買又は交換するような場合には、「金属くず商」に該当し、「金属くず商許可」が必要になるということです。

金属くず行商とは?

営業所によらないで金属くずを売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換することをいう。つまり、直接お客様のところに行って、金属くずを売買するような場合には、「金属くず行商」に該当し、「金属くず行商届出」が必要になるということです。

「金属くず商許可」と「金属くず行商届出」では管轄警察署が違う

さらに気をつけなければならないのが、「金属くず商許可」と「金属くず行商届出」のそれぞれの書類の提出先が異なるということです。

「金属くず商許可」は営業所を管轄する警察署に申請を行うことになりますが、「金属くず行商届出」の場合は行商を行う人の住所地を管轄する警察署に届出する必要があります。
このことは、単に管轄警察署が違うということだけではなく、「金属くず商許可」は法人名・個人名のどちらでも申請が可能ですが、「金属くず行商届出」は個人名でしか申請できないということです。

ページトップへ戻る

サービスの料金表Basic Service

当事務所に「金属くず商許可」の申請代理サービス、又は、「金属くず行商届出」の提出代理サービスをご依頼された場合の費用は、以下のとおりです。

基本料金

必ず掛る費用ですが、「金属くず行商届出」のみの場合は、警察署に支払う審査手数料7,500円は掛かりません。

追加料金

該当する場合のみ発生する費用です。

オプション料金

お客様が希望する場合のみ発生する費用です。
ページトップへ戻る

サービスの対応地域

金属くず商許可をご依頼の場合

大阪市、茨木市、高槻市、摂津市、吹田市、池田市、豊中市内に金属くず商の営業を行う営業所がある個人事業者と法人事業者のみ対応させていただきます。

金属くず行商届出をご依頼の場合

大阪市、茨木市、高槻市、摂津市、吹田市、池田市、豊中市内に住所がある方のみ対応させていただきます。

     
ページトップへ戻る
Copyright(C) 古物商許可.com All Rights Reserved.