古物商許可の取得は、実績多数の行政書士にお任せ下さい!

電話番号
トップページ > 許可取得後に必要な手続き

許可取得後に必要な手続きNotification

古物商許可取得した後に必要となる手続きは?

古物商許可は、一度取得すると古物の営業を止めない限り、その許可はずっと有効です。運転免許証などのように「何年に一度に更新手続きをしなければならない」というようなことがありません。

但し、古物商許可を受けて古物営業を営んでいる者は、以下のような場合には、警察署に届出をすることが必要となります。

書換申請・変更届出

  • 許可者の住所が変わった(引っ越した)。
  • 営業所が移転した。
  • 営業所を増やした、廃止した。
  • 営業所の管理者が替わった。
  • 営業所の名称を変更した。
  • 法人の名称、所在地が変わった。
  • 法人の代表者、役員が替わった。
  • 代表者・役員の住所が変わった。
など

変更届出(URL届出)

  • ホームページを開設して古物営業を始めた。
  • 届け出ていたURLが変更になった。
  • 届け出ていたホームページを閉鎖した。

返納届出

  • 古物営業を廃止した。
  • 移転、廃止等で都内から営業所がなくなった。
  • 個人許可を受けていた方が亡くなった。
  • 許可を受けていた法人が解散、消滅した。
  • 再交付を受けた後、古い許可証が見つかった。
  • など

再交付申請

  • 許可証を亡くしてしまった。

競り売り届出

  • 自身のお店や会場を借りて競り売りを行う。
  • 自身のホームページで品物を競り形式で売る。
ページトップへ戻る

上記の変更届出等をご依頼された場合の料金表Price

オプション料金

古物商許可 お役立ち情報

ページトップへ戻る
Copyright(C) 古物商許可.com All Rights Reserved.